12/19,20 ローカル線と路線バスの旅

小旅行

今奈良県が「奈良県南部・東部地域宿泊者限定 路線バス運賃キャッシュバックキャンペーン」というのをやっています。これによれば、往復に奈良交通の路線バスを使い奈良県南部・東部の県指定宿泊施設に泊まれば往復のバス代がなんと無料!!
ということで、例の日本一長い路線バスとして知られる奈良交通の八木新宮線を使って奈良県南部の十津川温泉郷へこの週末カミさんと行ってきました。


十津川温泉郷へは今まで何度も行っていますが、今回はまだ泊まりでは行ったことがなかった湯泉地温泉へ民宿1泊で行くことにしました。
まず自宅最寄り駅からJR和歌山線の1時間に1本ある普通電車でのんびりと奈良五条駅へ行き、五条13時07分発新宮行きのバスに揺られて15時40分頃に十津川村役場のバス停で下車。そこから少し歩いて今夜の宿「温泉民宿かたやま」に入り、源泉かけ流しの温泉でくつろぎ山の幸に舌鼓を打ち1泊。
翌日は十津川村役場バス停10時24分発の八木行きバスに乗り五条で下車し五条からまたJR和歌山線で帰宅しました。
普段何処へ行くのも車ばかりですが、たまには車を使わずこういうローカル線と路線バスの超スローな旅もなかなかええもんです。

 

JR和歌山線で五条駅に到着  駅前には店もなく本当に田舎の駅です

20151219_20totukawa01

 

五条駅前の奈良交通のバス停
13時07分発のバスが来るまでかなり時間があるのでここでお昼の弁当を食べながらしばらく待ちます

20151219_20totukawa02

 

日本一長い路線バスに揺られてのスローなバス旅です
いつも車で通り過ぎるだけの所もスピードが遅いし目線が違うのでまた新たな発見がありますね

20151219_20totukawa03

 

有名な谷瀬の吊り橋がある上野地では20分の休憩があります
この日は風が強く寒かったので写真を撮っただけ

20151219_20totukawa04

 

15時40分頃十津川村役場バス停に到着  ここで下車したのは小生等2人だけ
少し歩いて今夜の宿湯泉地温泉「温泉民宿かたやま」に到着

20151219_20totukawa05

 

温泉民宿かたやま」はリーズナブルな料金でお風呂、料理ともなかなか良くてコスパの高いおすすめの宿です
湯泉地温泉
のお湯はかなり硫黄臭があるお湯でよく暖まりそうないいお湯でした

20151219_20totukawa06

 

宿の精算時にバスを降りるときにもらった乗車証明書を渡せば往路のバス代4,700円(2人分)のキャッシュバックがあり、更に復路のバスチケットがもらえます  これで往復とものバス代9,400円(2人分)が無料というわけです
翌朝、バス停近くの「道の駅十津川郷」の朝市を見たりして時間をつぶしバスを待ちます
これは十津川村役場の建物です

20151219_20totukawa07

 

十津川村役場のバス停

20151219_20totukawa08

 

奈良交通の八木行きバスが来ました  ここで乗ったのはまたまた小生等2人だけ
またこれに乗ってのんびりバスの旅

20151219_20totukawa09

 

今日はいいお天気で風もないので谷瀬の吊り橋を少し歩いてみました

20151219_20totukawa10

 

十津川温泉郷は、平成16年6月に全国で初めての”源泉かけ流し宣言“を行った、こと温泉の質に関しては関西屈指の温泉郷で、奈良県南部の山間の交通が極めて不便な所にあるためいつ行っても人も少なく、喧噪から離れて本当にのんびりとくつろげる素晴らしい温泉地で、関西の温泉では小生が一番好きな温泉地です。