8/6 大普賢岳周回

2016年, 山歩き, おすすめ記事

和佐又ヒュッテから大普賢岳、七曜岳、無双洞と周回するコースは大峰の一般日帰りコースとしてはかなりハードなコースですが、久しぶりに行ってみたくなりF氏をお誘いして行ってきました。

コース:和佐又ヒュッテ~和佐又ノコル~大普賢岳~七曜岳~無双洞~和佐又ノコル~和佐又ヒュッテ

メンバー:F氏  Oba

和佐又ヒュッテからしばらく歩いて和佐又ノコル ここの分岐で右の大普賢岳へ向かいます20160806daifugen01

しばらく登ると岩屋群登場 これは最大の笙ノ窟20160806daifugen02

鷲ノ窟の役行者像20160806daifugen03

石ノ鼻に登ると目の前に小普賢岳、その向こうに大普賢岳が見えます20160806daifugen04

石ノ鼻から見る弥山~釈迦ヶ岳と続く大峰主稜線の山々20160806daifugen05

大峰主稜線の奥駈道に出るまでは急斜面のハシゴ場が続きます20160806daifugen06

昨年の夏以来1年ぶりの大普賢岳(1780m)山頂20160806daifugen07

大普賢岳山頂から見る稲村ヶ岳、山上ヶ岳20160806daifugen08

大普賢岳から奥駈道を南下、七曜岳を目指します 水太覗から見る水太谷20160806daifugen09

大峰の原生林の風景を見ながら奥駈道を進みます20160806daifugen18

20160806daifugen10

本日のコースの核心部、鎖場、急斜面トラバースの危険箇所が続きます20160806daifugen19

手掛かり足掛かりがしっかりしているので慎重に行動すれば大丈夫20160806daifugen11

奥駈道から大普賢岳、小普賢岳、日本岳が見えます20160806daifugen12

5月以来今年2回目の七曜岳(1584m)山頂20160806daifugen13

七曜岳からすぐの分岐で左折、長い急斜面の激下りで脚がガクガクになって無双洞到着20160806daifugen14

水簾の滝下で大休止 冷たい水で顔を洗い思いっきり飲みます 超気持ちいい~!20160806daifugen15

底無し井戸までの岩場の最後の登り返し
ガバホールド豊富で鎖も架かっているので慎重に登れば問題なし20160806daifugen16

底無し井戸からは長い水平道を和佐又ヒュッテへ戻ります
途中の大峰山系最大のブナの巨木にも久しぶりに会えました20160806daifugen17

ミヤマママコナ20160806daifugen_hana01

コウモリソウ20160806daifugen_hana02

リョウブ20160806daifugen_hana03

オトギリソウ20160806daifugen_hana04

ヤマジノホトトギス20160806daifugen_hana05

名前がわからないシャジンの仲間の花 ヒメシャジン??20160806daifugen_hana06

このコースは日帰りコースとしてはかなりハードですが、見所が多く変化に富み大峰の色々な魅力が凝縮された素晴らしいコースであることを改めて再認識しました。
Fさん、お疲れ様でした。お付き合いいただいてどうもありがとうございました。

 

2016年, 山歩き, おすすめ記事大峰

Posted by Oba