宿谷川から経ヶ岳

2018年, 山スキー, おすすめ記事

この週末は絶好の好天予報で奥越の名山経ヶ岳(1625.2m)へ宿谷川からのルートで行ってきました。かなり久しぶりに経ヶ岳に登頂でき、また気温が上がり悪雪が予想されましたが意外と滑りやすい雪でスキー滑降も大いに楽しめ充実した山行となりました。


■期日:2018年3月3日     ■天候:晴れのち曇り
■メンバー:YAMA    Taka    Naka   Michi    Oba
■コース:奥越青少年自然の家~宿谷川~杓子岳~切窓~経ヶ岳 (往復)
■行動時間:07:05 青少年自然の家    10:53 杓子岳    11:45 切窓    12:40 経ヶ岳    13:45 杓子岳    15:05 青少年自然の家


 

奥越青少年自然の家を出発 林道を歩いて谷に降りスノーブリッジを渡る

滝場左岸の急斜面ではスキーー板を担いでつぼ足で

ブナの原生林の台地に出る

高度を上げると保月山の岩峰が見えてくる

杓子岳に突き上げる宿谷川源頭の大斜面

広大斜面をバックに(YAMAさん撮影)

もうすぐ稜線 固い雪面にうっすらと乗った新雪が横ズレしてスリッピーで登りにくい

稜線直下はスキーを担いで靴を蹴り込み慎重に登る

稜線に出たら経ヶ岳がドッカーン!

休憩の後中岳をトラバースして経ヶ岳ピーク手前の鞍部(切窓)へ

経ヶ岳ピーク手前の切窓にスキー板をデポしアイゼン装着で最後のアタック

なんと8年ぶりの経ヶ岳登頂でした(YAMAさん撮影)

経ヶ岳山頂から見る真っ白な白山連峰

別山、三ノ峰から石徹白連山へと続く白い山々

中岳、杓子岳と続く歩いてきた稜線 左の窪地は池ノ大沢

中岳をトラバースして杓子岳へ戻る(みっちゃん撮影)

杓子岳のドロップポイントでシールを剥がして滑降スタート(みっちゃん撮影)

雪は程よく緩んでいる 40度はありそうな急斜面にGO!(みっちゃん撮影)

ブナの台地を滑る まるでスキー場の林間コースのような快適滑降(YAMAさん撮影)

ブナ、ミズナラ等の古木が見事な宿谷川源頭の台地

登りで苦労した滝場も雪が緩んで難なく通過 その後林道に出て青少年自然の家に無事帰還

YAMAさん編集の動画

今回は好条件に恵まれ、おかげさまで2010年以来なんと8年ぶりの経ヶ岳登頂ができて感無量です。雪も思っていたよりも良い雪で快適滑降が楽しめ、久しぶりの快心の素晴らしい山スキーが楽しめました。