久しぶり~石徹白の山

2021年, 山スキー

奥美濃の山スキーのメッカ岐阜県石徹白の山へ好天予報の平日に行ってきました。目指すのは小白山と野伏ヶ岳。もうパウダースノーのシーズンはお終いでザラメ雪を期待しての山行でしたが、予報に反しての強風と雲が多めの空模様で雪質はもうひとつとなり快適スキーとはいきませんでしたが、素晴らしい石徹白の山の景色が望めて久しぶりのロングコース踏破でマズマズ楽しめた1日でした。


■期日:2021年3月10日     ■天候:晴れ時々曇り    ■メンバー: Oba
■コース:白山中居神社~野伏平~小白山北1480mコル~野伏平~野伏ヶ岳南東尾根1450m~野伏ヶ岳~和田山牧場跡~白山中居神社
■行動時間:06:00 白山中居神社    09:54 小白山北1480mコル    12:35 野伏ヶ岳    13:55 和田山牧場跡    15:15 白山中居神社


 

白山中居神社を出発後、和田山牧場跡には向かわず林道途中から野伏ヶ岳南東尾根末端へ直接出るルートで
広大な雪原野伏平にやってきました 木々の向こうに目指す小白山北峰が見えます目指すのは小白山北峰(左のピーク)右に見える1480mコル 右の鞍部は橋立峠小白山北1480mコルをズームアップで野伏平でもかなり風が強いのが気になります それに空は雲が多く結構寒い
先日登った毘沙門岳が見えます1480mコルへ突き上げる谷に入りました
下部の雪は少し緩んでいますが高度を上げるとガリガリ雪でクトー(スキーアイゼン)装着振り返ると石徹白川東方の芦倉岳、丸山1480mコルに登り着いたら福井県側の山は雲に覆われ、稜線上は吹き飛ばされそうな強風が吹き荒れています
こりゃアカン 予定の小白山北峰山頂は即中止 ここからとりあえず本日の1本目を滑ることにしますガリガリバーンであまり快適スキーではなかったですが一滑りして再び野伏平
ここから大きく横移動で野伏ヶ岳を目指します野伏平で大休止を取りその後野伏ヶ岳南東尾根(ダイレクト尾根)1450m付近に乗り上げます
尾根上はツボ足登山者の足跡だらけ 最近野伏ヶ岳は雪山登山者に大人気で今日もかなりの人が登っていました足跡を避けながらの我慢のシール登高 高度を上げると迫力ある小白山北峰の姿がもうすぐ野伏ヶ岳北東尾根とのジャンクション 野伏ヶ岳山頂も見えてきました久しぶりの野伏ヶ岳山頂にて 真っ白な白山が素晴らしい経ヶ岳、赤兎山、大長山の奥越の山々野伏ヶ岳山頂にて白山をバックに 今日は残雪期用の細板K2Talkbackです野伏ヶ岳から小白山へと続く雪稜野伏ヶ岳からの下りは、北東尾根、中央ルンゼは雪が緩まずガリガリバーンで敬遠
南面を滑りトラバースで南東尾根に復帰するコースで滑りましたが、日当たり良過ぎの午後の南面は
グサグサの腐り雪であまり快適スキーとはいきませんでした この後和田山牧場跡から林道で下山
和田山牧場跡末端から見る野伏ヶ岳、薙刀山

 

今日は春爛漫のポカポカ陽気という予報を信じて出かけましたが、いざ蓋を開けると雲が多めの空模様で強風が吹き荒れ、1日中アウタージャケットを脱ぐこともなく行動するということとなり、雪も期待のザラメ雪とはならずあまり快適スキーとはいきませんでした。しかし久しぶりの石徹白の山々の素晴らしい景色が望め、久しぶりの行動時間9時間超のロングコース踏破でマズマズ楽しめた充実の1日でした。
今シーズンの石徹白の山々は雪は多めですが雪融けはかなり急ピッチで進んでいるようなので、快適ザラメ雪を求めてのリベンジ山行を近いうちにもう一回ぐらいやらなくては。