ATOMIC CENTURY 109

雑記, 小旅行、散歩, etc.

厳冬期パウダーの時期用のスキー板としてここ数年は ROSSIGNOL S3 159 を使っていますが、もう少し太めの板が欲しいなあとネットでスキー板を色々と見ていたら、レディスモデルですが ATOMIC CENTURY 109 の短いサイズが有ったので思わず衝動買いしてしまいました。

 

 

ATOMIC CENTURY 109 159cm 131-109-121
レディスモデルで軽量、柔らかめ、トップとテールがロッカー、センターはキャンバー

ビンディングは、Dynafit TLT Speed Radical を SNOW INN.COM で購入、DIYで取付。
(Dynafit TLT Speed Radical は今年からは廃盤らしく日本国内では売っている店が全くありません。)

板とビンディングを合わせて片側2kg強となり、ファット系板としてはまずまず許容できる重さかなと。

それにしても今や、センター90~110mmがオールラウンド、110~130mmがパウダー用ファット、130mm以上がディープパウダー用スーパーファットだとか。スキー板の太さの変遷は隔世の感が有ります。

 

 

 

 

板の幅にに合わせてシール(クライミングスキン)、クトー(スキーアイゼン)も購入しなければならずかなりの散財となってしまった・・・・イヤハヤ・・・・

山でこの板を使うときははたしていつになるのか??